コンサルタントの活用事例 - 飲食店コンサルタント活用方法.com

飲食店コンサルタント活用方法.com

コンサルタントの活用事例

katsuyou_copy01.jpg

1.新しい店舗を作りたい

①個人が飲食店の開業時に依頼するケース
②複数店舗を経営している企業が、新店の支援を依頼するケース
③飲食業以外の業種の企業が、飲食店に初めて挑戦される時に依頼するケース

2.本業の事業があるが、新規事業の飲食店が不振である

本業で何かの事業を行なっているが、その既存事業の売上が下がってきているので、飲食店に挑戦してみた。しかし、飲食店の売上が上がらず赤字のため、コンサルティングを依頼するケース。

3.売上不振の店舗を立て直してほしい

①チェーン店を経営している企業が、ある特定の店舗のみ売上不振であり、コンサルタントを利用するケース。
②個人で経営されていて売上が厳しくなってきたので、立て直しの助言を求めるケース。

4.長期的に経営について助言をしてほしい

「顧問契約」と呼ばれるケース。毎月1回程度定期的な会議を行い助言を受けるとか、突発的な事柄が会った時にすぐに対応してもらえるように契約しておき、ある程度の期間においてあらゆる面での支援を受けるケース。

ページ上部へ